地震保険

HOME > 地震保険


19.jpg・地震保険は、「地震保険に関する法律」に基づき、政府と損害保険会社が共同で運営する公共性の高い保険です。
大地震による巨額の保険金の支払いに備えて政府がバックアップしています。

地震保険は、地震・噴火・津波による火事や倒壊などの損害が起きたときに補償になります。(地震による火災の類焼も地震保険です)
・地震保険は、居住部分がある建物とそこに収容されている家財道具につけることができます。(店舗だけ、事務所だけ、工場だけなどの建物には地震保険は入れません)
地震保険だけでは加入できないので、必ず火災保険とセットの契約となります。
・加入できる保険金額は、火災保険の保険金額の半分か、5000万円のどちらか少ない額までです。 ただし、複数世帯がある建物のときは別の基準になります。

昭和56年6月1日以降に新築された建物とその建物内にある家財道具の地震保険には割引があります。

くわしくは、三井住友海上のサイトで

地震強化地域.jpg

保険金額とは

保険契約により補償される損害が発生したときに、保険会社が被保険者に支払う保険金の限度額のことです。
保険証券に記載されている金額です。

火災保険の保険金額の30%~50%になります。
ただし、限度額があります。

建物・・・限度額 5,000万円
・同じ敷地内にあり、かつ、同じ被保険者の所有する建物のとき

・同じ敷地内にあり、同じ被保険者の所有する建物が2棟以上あるときは、それらが被保険者の世帯と異なる世帯が居住する建物のときは、5,000万円の限度額は居住世帯を異にする建物ごとに適用することができます。

*「敷地内」とは
囲いの有無を問わず、保険の対象となる建物の所在する場所および連続した土地で、同じ被保険者によって占有されているものをいいます。 この場合、公道、河川等が介在していても敷地は中断されることなく、これを連続した土地とみなします。

・同じ被保険者の所有するたてものが2以上の世帯の居住する共同住宅などの建物であるときは、居住世帯を異にするその戸室数に5000万円の限度額を乗じた額がその建物の限度額とすることができます。 なお、同一の世帯が2以上の戸室に居住しているときは、それらを1戸室として数えます。

*共同住宅とは
一つの建物が1世帯の生活単位となる戸室を2以上有し、各戸室または建物に付属して各世帯が炊事を行う設備がある建物です。

家財道具・・・限度額 1,000万円
・同じ敷地内にあり、かつ、同じ被保険者の所有する家財道具のとき

ページトップへ

火災保険は、地震による火災を補償しないのは なぜなの?

・・・大規模地震が起きると、火災件数が多いだけではなく、消防車の台数も大幅に足りなくなります。そのため、火災保険で想定していない大規模な火災損害が発生し、火災保険からの補償をはずして、政府のバックアップのある地震保険で対応することとしています。

火災保険の保険金額の50%までしか契約できないのは なぜなの?

・・・巨大地震が起きたときでも保険金の支払いに支障をきたさないためです。

総支払限度額が11.3兆円に引き上げられました。(平成28年4月現在)

※地震保険契約の増加による予想最大損害額の増大による改定です。

◆ 官民責任額分担が改定され、政府の責任額が約4.8兆円から約5.7兆円に増額、民間の責任額が約0.7兆円から約0.5兆円に減額されました。
※東日本大震災に伴う保険金支払により、民間危険準備金が減少したことに伴う改定です。

◆ 総支払限度額とは
  地震保険は巨額の保険金を支払う必要があるため、保険金の支払責任の一部を政府が負うこととしていますが、いかに政府といえども無限に責任を負うことはできないため、1回の地震における保険金の支払限度額を定めています。
この支払限度額は、関東大震災級の地震が発生した場合でも支払保険金の総額がこの額を超えることがないように決定されており、適時見直されています。
万一この額を超えてしまった場合、保険金は削減されることがあります。

◆ 72時間以内の2回以上の地震は、1回の地震とします。

★延焼運命共同体

木造住宅密集地域のように市街地が連続して存在する地域において、一体的に延焼が
及ぶと考えられる範囲、いわば延焼による「運命共同体」になってしまう地域。
大規模地震のときには消火活動が困難なことから、河川、高速道路、幅の広い道路などが
無いと延焼を食い止めることができないわけです。

★マグニチュードとは

これは地震が持つエネルギーの大きさを表す単位です。
ちなみに、マグニチュードが「1」増えると地震が持つエネルギーは、約32倍になります。
「2」増えると32倍の32倍で、約1000倍になります。
マグニチュード-1.jpg

マグニチュード-2.jpg




火災保険について
保険料の計算は
建物および用途の判定、判断は
リアル建物を見なければ
できないので
渋谷区・港区・目黒区・品川区
のエリアに限り
出張見積を行います。
ご依頼は、ご連絡ください。

mng4.jpg
有限会社長久保保険設計
長久保 正博
phone 03-5421-0079
fax 03-5798-2825





























































0001-2image.jpg